お金が無い時の対処法とやってはいけないNG対処

お金が無いのに工面しないといけない!そんな金策に困ったときに取り入れたいお勧めの金策方法とやってはNGな対処法をピックアップしました。
MENU

金策方法教えます!お金がない時はどうするか

しっかり働いていてもタイミングによってはお金が足りなくなってしまうこともあります。
急な出費に対応できるように普段から貯金をする習慣があればよいのですが、必ずしもみんな貯金をしているわけではありません。

 

日々の生活がやっとという人もいるでしょう。お金がない場合の金策方法としては、大きく分ければ出費を減らすか収入を増やすかのどちらかになります。どのような方法があるのでしょうか。

 

チェックポイント

 

毎月出て行く支出を減らす方法を考えてみよう

家賃は毎月固定で出ていく出費です。賃貸であれば、現状の収入に見合った家賃の場所へ思い切って引越しをするのも一つの方法と言えます。
敷金・礼金が不要の物件は探せば沢山出てきますので、引越し費用を捻出しても下がった家賃と比較して、どれだけ住めば引越し費用がペイできるのかを計算してみましょう。

 

食費や光熱費は頑張り次第では減らすことができます。ただし無理に削ってしまうと体調を崩してしまい、逆にお金がかかってしまう原因にもなります。
お買い得品や訳アリ品など、普通の食品が安く買える方法は沢山ありますし、節約レシピもクックパッドなどで調べてみると出てきます。食費も光熱費もアイディア次第でいくらでも節約できるので、支出を減らしたいのであれば頭を使いましょう。

 

任意の保険に加入している人はプランを見直すのも支出を減らす1つです。貯蓄型の保険であれば解約することによってお金が戻ってきますので、お金がないときに検討すべきものの1つです。掛け捨て保険では解約すれば出費は減りますが、将来的な保障が薄くなってしまうこともありますので、現在のお金がない状況を判断した上で安いプランに切り替えたり、無料でファイナンシャルプランナーに相談したりして決断しましょう。

 

もし現在カードローンによる借り入れが複数あって支払いが厳しいようであれば、条件の有利なカードローンに切り替えたり、まとめることも必要です。
借金の一本化やおまとめローンと言われるもので、カードローンは借入額によって法律で定められている上限金利が異なります。
端的に言うと借入金額が大きいほど金利が下がりますが、あくまでそれは1つの金融業者から借りている場合になります。
つまり、30万円ずつ3社から借りているよりも、90万円を1社から借りたほうが金利が低くなるのです。この金利差を利用すると、毎月の返済額だけでなくトータルでの返済額も抑えることが可能となります。

 

また新規でカードローンを契約する場合、一時的にはお金がない状況を打開することができます。しかし長い目で見れば負担が大きくなってしまう手段ですので、安易に手を出すべきではありません。
利用するのであれば、低金利か一定期間無利息のカードローンに留めておいた方が安全という最低限の知識を持ってください。低金利なのは銀行が提供しているカードローン、一定期間無利息なのは有名な消費者金融です。

 

銀行で借りる方がイメージも悪くないし低金利という良い条件なのは間違いありませんが、カードローンは担保も保証人もなしで早ければ即日融資を受けられるというサービスなので、貸し倒れというリスクが貸す側について回ります。
つまり貸す側にとってリスクが大きい融資になるのですが、それをカバーするのが通常のローンよりも高めの利息という事です。
ですが銀行はその利息も低めで済むという好条件です。従って常識的に考えてみれば、それだけ信用に足る人物でないと審査に通る事は難しくなります。

 

そして審査に慎重を期すことになれば審査の時間も掛かるので、必要な時にすぐにお金を借りたい!という希望は叶わない可能性も十分にあります。
そこである程度銀行よりも審査が柔軟だけど、金利が高い消費者金融という選択肢が現実的に出てきます。
その高い金利負担をカバーしてくれるのが、一定期間無利息というサービスです。
(関連ページ→無利息のカードローンでお金を借りる

 

カードローンの情報サイトでも以下のように金利や無利息サービスについて言及されています。

 

この金利が一定期間はゼロですよ〜という「無利息期間」を設定しているカードローンを選ぶべきだ。
〜中略〜
なるべく低金利のところで借りたいと思って業者を探している人も多いが、実は低金利のカードローン業者は審査が厳しかったりもする。
〜中略〜
アコムのような無利息期間のある会社なら、低金利の銀行系カードローンよりも借りやすいので審査に落ちるリスクも減らせて、利息負担も減らせるのだ。
お金借りるのが初めての人に教えてあげたいちょっとした事

 

これは知っているか知らないかだけの差です。その小さな差が、後々の大きな利息負担となるのです。
お金の世界はその差が物を言うので、ぜひこうした背景を理解した上でカードローンを賢く利用して下さい。

 

様々な収入を増やす方法を考えてみよう

出費を抑えるよりも収入を増やすほうが圧倒的に手段がたくさんありますが、方法論として知っておくのはいいですが実行してしまうと法律的にグレーなものもあるので、慎重に見極めてください。

 

アイディア

 

一時的な金策としては携帯電話決済枠、クレジットカードのショッピング枠の現金化、質などがあります。
携帯決済枠とは契約している回線に与えられている与信枠のようなものです。クレジットカードのショッピング枠に近いようなものだと考えておけばよいでしょう。こうした枠を現金化する金策方法は、利用規約に違反してしまう可能性があるため、あまりお勧めの方法ではありません。
また、そのときは現金を手にすることができますが、翌支払い月には請求が上がってきますので、それまでにお金がない状況を打開しておく必要があります。現金化したときは利用金額よりも少なくなることもあるため、1ヶ月分の手数料として考えると高くついてしまいます。

 

質は合法的に行える金策方法の1つで、昔から利用されてきています。
価値のあるものを持っていなくてはならないという条件はありますが、もし支払いができなくなってしまっても、担保として入れたものが質流れするだけで、追加の請求はありませんし、信用情報に傷がつくようなこともありません。

 

仕事をするのも金策方法ですが、今働いてもすぐにお金が入るわけではありません。
もっと早くお金を手にする手段はインターネットにあります。リスクが高いものにはFXや株などがありますが、元手となる資金が必要ですので、初心者にはあまり向いていないでしょう。

 

ポイントサイトは誰でもできる簡単な金策方法の1つです。
毎日コツコツクリックしたり、指定されたアプリをインストールするだけで数円分のポイントが入ってきます。まとまった金額が必要な場合には不十分かもしれませんが、普段から継続して利用することで、結構な収入にもなります。

 

また記事を書くサイトを使うのも良いでしょう。
「お金がない」という経験やカードローンに関する知識は、そうしたサイトで役に立つことがあります。世の中には思っている以上にお金がないというキーワードで検索する人も多く、カードローンに関する知識への需要もあるのです。
持っているカードローンに関する知識を文章にするだけで数百円の収入になるものもあるのです。空いている時間にできる金策方法ですので、無理のないペースで行えます。
ランサーズやクラウドワークスといったネット上で記事を書くお仕事サイトがあるので、気になる方は登録してみるといいでしょう。

 

ポイントサイトや記事サイトでのポイントは現金に交換することもできます。
早いサイトであれば即日でお金を手にすることができますので、お金がないときには検討してみると良いでしょう。

 

ポイントサイトでは様々な案件があります。保険の見直しをする場合もポイントサイト経由で見積もり依頼を出すと、それだけでポイントが貰えるものもあります。FX口座や証券口座を作るだけでポイントが貰えるものもあります。
特にカードローンの契約は高額還元されますので、新規の契約をする場合は必ずポイントサイトから申込をしましょう。
この金策方法はポイントサイトによって還元率が異なりますので、同じ会社の広告でも複数のサイトのポイントを確認しておくとよいです。

 

一発逆転を狙うと現実的ではない方法へ目が向いてしまう

お金がないという状況は、その程度の差はありますが誰にでも起こりうるものです。
記事サイトやポイントサイトは誰にでもできてリスクのない金策方法ですが、こつこつと続けることが何よりも大切です。お仕事もそうですが、小さいことでも継続して続けていくことが一番の金策方法です。
お金がないとついつい暗い気持ちになってしまいがちですが、インターネットの世界にはさまざまな手段が転がっているのです。
もちろん簡単に儲かるというようなキーワードに釣られてはいけません。

 

お金が無くて自分がどんな金策をしたのかという経験をブログにしてアフィリエイトをするのも立派な金策方法の1つです。
ただし年間20万円以上の利益があれば雑所得として確定申告をしなくてはならないことも覚えておきましょう。

 

いずれにしても、こつこつと続けることが必要です。一発逆転で大金を手にしようと思うと、冷静に考えておかしな方法や詐欺まがいのものに手を出してしまいます。
特にインターネットには悪質な業者も潜んでいますので、明らかに楽して稼げるという類のものには細心の注意を払う必要があります。

更新履歴
このページの先頭へ