ネットオークションやリサイクルショップで不用品を売る

捨てるなんて勿体無い!自宅にある不用品は今の時代、簡単にインターネットで売ることができます。フリマアプリも上手に活用しましょう。
MENU

ネットオークションやリサイクルショップで不用品を売る

ダンボール

 

お金に困った時は、とりあえず身近にある不要品を処分してみましょう。
自分では二束三文にしかならないと思っていた、いらない物も他人が見れば、思わぬ価値が付く事があります。
特に大掃除をして自分が子供の頃に買った(買ってもらった)おもちゃやテレビゲームなどが出てきたら、オークションで取引されている金額の相場をチェックしましょう。
昔のおもちゃやゲームなどはマニアが沢山いるので、意外なほど高値で取引されていることも珍しくありません。

 

昔だといらない物を売るにしても場所が限られていました。
また売る事が出来るのは、元々高い価値があった貴金属や車などの資産価値があるものだけでした。
しかし、今では本当に色々な種類のいらない物が売却可能です。

 

漫画本やDVDやゲーム機、家具や家電や自転車、コンピュータやタブレットやスマートフォン等、家庭にあります色々なアイテムが売れます。
ネットオークションに出品すれば、少々古い製品でもほぼ確実に値段がつきます。
またレアなコレクターズアイテムや希少価値が光るゲーム機や漫画本を出品すれば、定価以上の高額落札価格がつき、お金ががっぽり手に入ります。

ネットオークションをするのが難しい、面倒だと感じる方々は、地元のリサイクルショップを利用しましょう。

 

リサイクルショップなら、不要品を持ち込むだけで、後はプロの方がその価値を査定してくれます。
リサイクルショップなら、色々なアイテムを査定してくれますし、ユーザーサイドでは価値がよく分からないマニアックな製品や古過ぎる家電や家具なども、しっかりとその価値を算出してくれた上で、高値買取してくれます。
ネットオークションやリサイクルショップを活用すれば、手元の現金が不足しても、何とかいらない物を実質的に換金する事ができ、ピンチをしのげます。

 

主なオークションサイトやフリマアプリ

  • ヤフーオークション
  • 楽天オークション
  • モバオク
  • メルカリ
  • Fril(フリル)
  • ラクマ
  • ZOZOフリマ

 

ちなみにオークションとフリマアプリの大きな違いは、オークションは落札によって価格が変動していくのに対してフリマアプリは固定価格での取引となります。
フリーマーケットでお客さんが落札の競り合いなんてしませんよね。
自宅にいながらにしてフリマに参加できる、というのがフリマアプリの特徴です。

どちらを利用した方がいいのか?という点については、趣味性が高くてレア物であれば間違いなくオークションの方が高値になります。
その反面、日用雑貨など特にレア度が高くないものについてはフリマアプリの方が気軽に売買している人が多いので売れやすい傾向があります。

いずれにしても、出品して実際に売れた場合の手数料などがサービスによって差があるので、せっかく売れたのに手数料をがっぽり持って行かれた…とならないように、予め調べておく必要があります。

このページの先頭へ