緊急でお金が必要なときの対処方法

緊急でお金が必要な場合に代表的な選択肢がいくつかありますが、最悪の場合は国からお金を工面してもらうことも可能です。
MENU

緊急でお金が必要なときの対処方法

お金

 

日頃の生活の中で緊急性の高い出費が舞い込んでくることはよくあるもの。
仕事がらみの急な飲み会や出張旅費の立て替えなども重要ですし、怪我や病気に伴い治療費や通院費がかかる場合もあります。
こんな時に財布や預金口座をチェックしても必要なお金がないならば、どうにかして金策に奔走する必要性が生じます。

 

お金がない時のNGなのが闇金から借りたり、友人や家族に無理言ってお金を貸してもらうということ。
これらは自らの身を滅ぼしたり、大切な絆を損なう恐れがあるので絶対にNGです。
そんな理のないことをしなくても、身の回りには緊急の用件を埋め合わせるための解決法がたくさんあるので大丈夫です。

 

選択肢1:カードローン

消費者金融カードローンは審査も融資もスピーディーで極めて便利なサービスです。
カードローンは一枚の個人カードを発行しておくことで、緊急の用件の際に近場のATMに駆けつけるだけで限度額までを引き出すことが可能です。
ただし限度額は個人の信用情報(返済能力)やこれまでのカードローン利用歴などによって総合的に決められるものなので、個人個人で限度額は異なります。
カードローンの場合、目的別ローンよりも金利は高めとなっていますが、初回利用の人は無利息というサービスもあるのでそういった特典のあるカードローンを利用しましょう。(参考:無利息カードローン)

 

選択肢2:クレジットカード現金化

クレジットカードのショッピング枠を用いて現金化する方法などもその場で融資を受けることができますが、カード会社の規約違反となります。
そもそもショッピング枠換金業者はカード会社の規約に触れることを分かって商売をしているので、全うな商売をしている連中とはいえません。
しかも手数料を相当取られるので、その場しのぎにはなるかもしれませんがお勧めできません。
よっぽどカードローンを利用する方が健全ですし安全です。

 

選択肢3:国の融資制度

しかしカードローンを利用しても利息でパンクしてしまいそう・・・という場合には、国の融資制度を利用するのも一つの方法です。
総合支援資金貸付や緊急小口資金貸付制度という国から一時的にお金を借りることができます。
それぞれ一時的にお金が必要だという場合に、条件を満たせば国が貸付をしてくれるものです。

 

周りの人や闇金を使わなくても、健全なカードローンの利用や最悪どうにもならない時には国からお金を借りることもできるので選択肢として覚えておきましょう。

このページの先頭へ