恋人からお金を借りるなら最低人間のレッテルを貼られるのを覚悟しておく

恋人からお金を借りるのは断られにくい手段ですが、自分のお金の管理も出来ない人というダメ人間のレッテルを貼られること、別れを切り出される覚悟をしておく必要があります。
MENU

恋人からお金を借りるなら別れを覚悟で借りる事

恋人

 

お金を借りることは、人生において時として避けられないことです。
お金が無いことは、現代社会においては何もできなくなることを意味します。
だからといって、安易な方法でお金を借りることは慎むべきです。

 

もっともお願いしやすい相手として身近な人、それも恋人から借りようとする人も多いことでしょう。
お金が無いという窮状をさらけ出しやすくもありますし、大切な相手だけに断られる心配も少なくて済みます。
この心理を巧みに利用できる相手が恋人ですが、頼みやすいし断りにくいという、頼まれた側からすると心理的負担・ストレスが非常に大きなものという自覚はしておきましょう。

 

しかしお金の問題というのは、簡単に人間関係を壊してしまうものです。
それも一度ならず、二度三度と繰り返していけば、恋人から不信感を抱かれてしまいます。
これから長い生活を共にしようというだけに、金銭感覚の歪みや生活能力の無さを露呈してしまうことは致命的です。
しかも借りている側は、気安く頼める相手だけに、なかなかそれに気づくことはありません。
そのため、あっさりと関係が破綻して、恋人と別れることになってしまうのです。

 

そして別れないのであれば、より悲惨です。
無制限にお金を貸し借りすることは、共依存の関係に陥ることになり、二人の境遇をより悪化させてしまうのです。
よい人間関係を維持したければ、恋人からお金を借りることがないよう、必要であれば節約をして貯蓄を増やすように努力しましょう。

このページの先頭へ