節約生活をする上でのポイント

大半の人が何かしらの節約をしていますが、生活費の中でカットしやすいポイントを抑えて効率的な節約をしましょう。
MENU

節約生活をする上でのポイント

電卓

 

欲しいものがある、将来の為など日々せっせと貯蓄に励んでいる方に避けて通れない道は「節約」。
その方法は数えきれない程たくさんありますが、節約の為なら何でもして言い訳ではありません。ここでは節約のコツと注意点をご紹介致します。

 

他にも身近なことを毎日実行するだけで、結果を見れば大きな節約になります。
削りやすいのは通信費、食費や交際費などです。

 

通信費を節約する方法

通信費は格安スマホ(格安SIM)に切り替える・携帯専門店で自分に合った契約コースを見つける、スタッフ相談するなどがあります。
最近特に注目を集めている格安スマホ(格安SIM)にするだけで、年間の通信費が10万円以上も安くなるケースもあります。
スマホ本体の分割費用と通信費で毎月1万円ほど支払っている人も多いですが、それを格安SIMに変えることで月々の支払いが半分以下になります。

 

また格安SIMの使い方として、自宅のインターネット回線を節約することも可能です。
自宅に光回線を引いているけど、家ではあまりインターネットをする(=回線を使用する)頻度が少ない場合、回線を解約してモバイルwi-fiに切り替えるのも検討すべきです。
モバイルwi-fiの端末に格安SIMを挿して使えば、それが自宅のwi-fiルーターと同じ役目を果たしてくれます。
これまで支払っていたネット回線費用よりも格安SIMの方が安くなるケースが多いので、自宅にネット回線を引いているけどあまり使っていないという人は、こうした方法で通信費を下げることができます。

 

その他の出費を節約する方法

食費は外食を抑えて自炊する事が前提として、食材を炒めたり煮込む時にはフライパンや鍋ではなく、圧力鍋や電子レンジを使い光熱費を安く済ませる事が可能です。
ただし自炊するのに必要な食材は、できるだけ安く買う工夫が節約生活には必要です。
夕方以降にスーパーへ行くと割引になっていることもありますし、よく使う食材や冷凍食品は業務用スーパーで安く買ったりコストコで買ったりという安く買う工夫もしましょう。

 

また節約レシピの王道食材として有名なのが「もやし」と「豆腐」です。
どちらも安く買えてヘルシー、そして料理のかさ増しに使いやすいという利点があります。

 

交際費は付き合いに参加しなければ良いと言われればそれまでですが、今後の友人や職場の関係を考えるとそうはいかないもの。
ストレス解消の方法と割り切って楽しく食事や娯楽を楽しみましょう。
毎日節約生活を続けるにあたり、時に思い切って発散する事が継続への道に繋がるからです。

 

ただしそこでも節約できるポイントを外してはいけません。
できることなら食事に行った時には幹事役を引き受け、参加者から現金を徴収して幹事がまとめて支払いをして下さい。
その際にポイント還元率がいいクレジットカードで支払いをすると、効率的にポイントを溜めることができます。
言うまでもありませんが、徴収した現金は散在せずにクレジットカード引き落としの口座に入金するようにしましょう。

このページの先頭へ