財布をなくした時にやるべきことの順序

財布を無くしたときにパニックになってしまいますが、やるべき事を順番にクリアしないと被害が大きくなってしまうので、冷静に対処しましょう。
MENU

財布をなくした時にやるべきことをまとめました

 

 

普段は鞄の中に大事に財布を入れていても、人間ですから時には無くすこともあります。
財布

 

普段からポケットに財布を入れている人は、立ったり座ったりする際にうっかり落ちてしまうこともありますし、居酒屋などでテーブルに財布を置いてそのまま忘れてしまう場合もあります。

 

今は多くの人がクレジットカードやカードローン、キャッシュカードなどのカード類、免許証や保険証、その他の会員証などもまとめて入れていることが多いです。
財布の紛失に気づいた時には誰もがパニックになって適切な対処も出来なくなりますが、まずは落ち着いてやるべきことをやりましょう。

 

まずは銀行やカード会社に連絡

銀行や各種カード会社に連絡をして第三者に悪用をされないように利用停止をしておきましょう。
どの会社でも紛失や盗難に関しては24時間対応のコールセンターがあるので、失くしたことに気がついた時点ですぐに連絡して下さい。
また万が一の場合に備えて、携帯電話にこういった紛失届出用の電話番号を入れておくようにしましょう。

 

再開時には多少時間がかかる事もありますが、自分の大切なお金が他の人に使われてしまうことを考えれば安いものです。
カード類を使えないように停止が終われば、必要なカード類の再発行の手続きなどもしていきましょう。
電話やインターネットなどで申し込みなども気軽に出来たりしますので、早めに連絡しておいて下さい。

 

ワンポイント

クレジットカードの紛失を連絡した後であれば、不正利用される心配はありません。
しかし万が一の場合の補償を受ける場合には、下記の交番に紛失届けを提出した「届出番号」が必要となるので、必ず控えておくようにしましょう。

 

クレジットカードの紛失届けの電話番号→参考ページ
キャッシュカードの紛失届けの電話番号→参考ページ

 

落ち着いたら交番へ届出

交番に失くしたことを届けておきましょう。
この日本はまだ世界的に見ても驚かれるほど治安のいい国です。
財布を拾った人の良心にもよるところですが、そっくりそのまま交番に届けられて戻ってくるケースも珍しくありません。
運が悪いと現金だけは抜かれてしまっているケースもありますが、それでもカード類や免許証などは無事に戻ってきます。

 

また、運転免許証が戻ってこなかった場合には再発行をする必要があります。
運転免許センターか運転免許試験場で再発行ができますが、警察署によっても再発行できる場合があります。
紛失届けを出す際に、免許証の再発行ができる最寄の警察署を聞いておくのを忘れないようにしましょう。

 

ちなみに免許証の再発行には3500円の費用が掛かります。
気がついていないかもしれませんが、今の免許証は中にICチップなどが埋め込まれておりハイテク免許証になっているので、これぐらいの実費は必要なんですね。

 

普段から最悪のケースを想定して最低限の準備をしておきましょう

財布をなくすということは余程の事がない限り、自分はそんな事をしないだろうと思っているものです。
ですが、万が一ということもありますので、やるべきこととして利用しているカード会社や銀行の連絡先は控えておいていつでもすぐに連絡できる状態にしておくと安心できます。

 

停止や再発行が終わった後は、その日どこに行ったかなどを書き出して、お店などに再度足を運んだり紛失物がなかったかどうかを確認しておくようにすれば見つかりやすくなります。
もしもの失くした場合でも慌てず冷静に対処できるように、一度は確認しておきましょう。

このページの先頭へ